スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デンマークの照明 

デンマークは、長く暗い冬を家の中で家族と快適に過ごす時間を大切にします。そのため飽きのこない、シンプルで優れたデザインが生まれてきました。
その中でも、照明は様々な場の雰囲気を創りあげる上で重要な役割を果たしています。

デンマークを代表するルイスポールセン社は世界中で通用するブランドです。


F邸 外観ORBITER


1962年コペンハーゲン郊外のアルバスルンドの都市開発のためポール灯とともにデザインされた。
シンプルな構成で美しい光の印象を生む。

PH5F邸 内装
1958年自然光の美しい夕刻の時間帯を過ごすのにふさわしい人工照明として誕生して以来、変わらぬデザインでどんなインテリアにも見事に調和する。
暖かさと爽やかさを醸し出す光。

Comment

コペンさん、こんばんは!
PH5欲しい!
このやわらかい光いいですよね♪
やはり、デンマークの家を建てられたら照明とかもデンマーク製にされるんですか?
う~ん、あこがれます。

ユリママさん、おはようございまーっす!
それは人それぞれですね。
日本のものがいい方は日本製を選ばれますし、自分たちで見つけてきた照明を使いたい方はそうされますし、北欧のものがいいとおっしゃる方は北欧モノを選ばれます。
でも、ほとんどの方は最低1ヵ所は北欧系のものをチョイスされますね。
やはりPH5は人気ですよ~。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

Trackback

この記事のトラックバックURL
http://copen2005.blog29.fc2.com/tb.php/19-d774e15f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。