スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スウェーデンのHotel Birger Jarl 

ホテル・ビリゲル・ヤール




ストックホルムにあるHotel Birger Jarl
ここは、スウェーデンのデザイナーがプロデュースしたアーティストルームが17室あることで有名。
1974年に建てられ、90年代にリノベーションされた。



全部で235室あり、全てのルームがスウェーデンデザイン。
スウェーデン人デザイナーによるインテリアや家具、テキスタイルなど、ALLスウェーデン製!




Standard Room * Business Room
Designer Room * The Retro Room
の4タイプから選べる。
337号室は創設者の一人でもあるトム・ヘドクヴィストヨナス、
704号室はヨハンナ・ケーリンとアグネッタ・ペーターソンが手がけている。
他にもボーリンが手がけている「LIV」ランプシェイドたっぷりの710号室や、ホテル・ビリゲル・ヤールスヴェンスク・テン満載の621号室など。





そうだなぁ、私ならコペンハーゲンでFOXのモダンな部屋に泊まって、ストックホルムではここのレトロルームに泊まりたいかな。
このレトロルーム、めっちゃいい感じです。
HPアクセスしてみてね♪




Comment

コペンさま
先日はどうも。。遅刻で着くなりトイレへ直行で、皆様には大変失礼致しました・・。
このホテル、上記の部屋すべて見てきましたよ。ふふふ。どれも素敵です。私の泊まれたのは701号室。スウェーデン家具G.A.Dのオーナー&デザイナーKristian Erikssonによるコーディネートのお部屋。サウナ&ジムのすぐ横の部屋でした。一目を見計らってバスローブのまま、カニ歩きでささっと部屋からサウナへ移動したのを覚えています。真冬だったから、サウナは有り難かったなあ・・。シングルルームもガールズの旅に似合いそうでかわいかったよ。

710、いいですね。オープンで。
ランプシェードが風に揺れる夕べに、
この場所を訪れてみたい。

コリ姉さま
いえいえ、こちらこそ素敵なプレゼンテーション聞かせていただきありがとうございました☆


ここのホテル、お値段は別としてお部屋を見た感じ、背伸びしすぎてないところがいいなーって思いました。
なんか、自分の部屋にいるような感覚。
反対にFOXは気を使いそうなお部屋ばかりだなーって。
ゴットランドは、スウェーデンの人々にとっては自然の溢れるあこがれの島なんだそうですね。
冬のサウナのあとは勿論、湖へ・・・?笑
あれは真実なのでしょうか。半信半疑です。

R兄☆
R兄は結構ロマンチストなのか?!
#710いいよねー。素敵だこんな空間。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

Trackback

この記事のトラックバックURL
http://copen2005.blog29.fc2.com/tb.php/215-fbb47657

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。