スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化石 The Valet Chair 

Casa Brutus

Casa Brutus】に紹介された、泥炭の中で数千年もの間
沈んで、化石化されたオーク材で作られたバレットチェア。

限定1本。363万円です。
ご興味ございましたらお早めにご連絡くださいませ。



バレットチェアといえばデンマークのフレデリック国王の
お気に入り。
背は衣装をかけるハンガー、座面を手前に起こすとズボン掛け、
座の下は小物入れとなっている機能的なイス。

このチェア1脚あれば身の回りのことが片付くというところから
バレット(従者、召使い)チェアまたは、
バチェラーズ(独身者の)チェアと呼ばれている。





泥炭は、近年、火力発電のエネルギー源として主に北欧などで
大規模に利用されたり、園芸用の腐葉土に腐植土として培養土に
混入し土質を改善させるためによく使用されているらしい。
そして、スコッチ・ウイスキーに使用する大麦を発芽させて
麦芽にした後、麦芽の成長をとめるために乾燥させる燃料の一部に
香り付けを兼ねて使用される。この時つく香りをピート香と言うのだそう。

そんな用途に使う為に、掘られて、チーク材が出てきたのでしょうか。
・・・普通、ポイッってされそうなものなのに・・・。


数千年ぶりに、地上に出てきて、ウェグナーの名作イスの
1つとして蘇り、これからまた、何十年、何百年と生き続ける
と思うと、すごくロマンを感じますね。


ほんのり、ピート香なんてするんでしょうか・・・?






Comment

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

Trackback

この記事のトラックバックURL
http://copen2005.blog29.fc2.com/tb.php/859-49ef5aa4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。