スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミレニアム 1 

スウェーデンのジャーナリストの
スティーグ・ラーソンの推理小説。

【ミレニアム 3部作】

出版直前に心臓発作でなくなっているので
処女作でありながら、絶筆作品。

各部とも、上下巻で読み応え十分ですが
面白くて、一気に読みました。


過去にスウェーデンで、3部作が映画化されているけど
今回、第1部の『ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女』
ハリウッドで再映画化。

主演がダニエル・クレイグとルーニー・マーラー。

可愛いルーニーが?と思ったけど、予告みると、
雰囲気出てる・・・かっこいいリスベットになってる!!
しぶいダニエルとかっこいいルーニー、そして
スウェーデンの街並みも楽しみな映画。


明日、2月10日から公開です。











Comment

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

Trackback

この記事のトラックバックURL
http://copen2005.blog29.fc2.com/tb.php/906-51c4f9e9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。